犬の鳴き声に意味はある?

野生のわんわんは、大勢で生活し、共同で獲物を捕らえ、一叢内の社会的順位に順守して獲物を割り当てて食べていました。獲物を毎日捕まえられるとは限らないので、一編に大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。群れで毎日を過ごすわんわんにとって飼い主はボスですが、本来単独で生きるキャットには沿ういう認知はないのです。

猫にとってか飼い主とは、ひと言でいえば、多種色々なことをしてくれる気もちが楽な同居人という感触でしょうか。忙しいときに限ってというのは飼主考えで、にゃんにゃんにはそんなつもりは断じてありません。

せわしく歩きまわる飼い主の足に狩り出す本能が揺さぶられて、つい絡みついたり、釣られたりしてしまっただけの事をいいます。日没や夜中になると部屋中を凄いスピードで騒ぎまくったり家具の上に飛び乗ったりするニャンニャンはすくなくありません。

ストレスや運動不足から起きる異常な行為ではと気にかける方もいると思いますが、これは多くのにゃんにゃんに見られるごく自然な身持です。

ひとと同じで、ワンコにも栄養のバランスはほんとに重要で、ドッグフードの品等は値段だけで選ばれる所以ではなく、高いからクオリティーが良い、格安だから悪い、という所以ではないのです。飼い主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどんだけ入っているかを覚えておかなくてはいけません。イヌは人につき、にゃんこは住居につくといわれていますが、これはにゃんこが自分のなわばりを何よりも大事にし、環境の遷移を嫌いなことを表した言葉です。にゃんにゃんのこの天質は、野生時代から鍛え上げられたルールです。わんこたちには住むところを選んだり、好みの食べ物を選んだり、やってみたいことをあいている時にするなどの自由がまったくありません。

飼主に出来ることは、言葉を発する事ができてないわんわんの身になって一生を成しとげ指せてあげることが大事です。

野生では体力がなくなった動物はいち早く敵のいいカモとなるため、病気やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な箇所に隠れて治癒を待ちます。この固有性はニャンコももっており、塩梅が悪くなると縁の下や物置などに身を覆隠すのでしょう。

にゃんにゃんにキャットフードをあげても食べずに、砂をかけるような動きをして引散らかしてしまう。ゴハンが気に食わないの?と心掛かりになってしまいますが、これはキャットの本能による行動で、この特有性は排泄物だけでなく、瓜二つのニオイに対しても現れるのです。

わんこが病気と知らされたときは、その状態の改善法や進行を遅らすためにも、動物病院で販売されている特別療法食を食べ指せることが必要となります。これは義務ではないのですが、ワンワンに長く生きてほしいと考えているなら、特別療法食を与えることが現状では正しい選択です。

ミニチュアダックスフント モグワン