愛犬の注意行動

ニンゲンと同じように、イヌにも栄養のバランスは実に大事なことで、ドッグフードのクオリティーは値段だけで決定するりゆうではなく、高価だから品質が良い、安価だから危ない、というりゆうではありません。飼主さんはそのフードの中に、どんなものがどんだけ入っているかを知っておかなくてはいけません。慌だしいときに限ってというのは人考えで、ねこにはそんなつもりはまるでありません。

沿わ沿わと動き回る飼い主の足に狩る本能が乱されて、ついまとわりついたり、釣られたりしてしまっただけのことです。野生のわんちゃんは、大群で生活し、団結して獲物を引っ捕え、固り内の社会的順位に従って獲物を分配して食べていました。

獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、伴に沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。犬のおもちゃの大部分は、飼主がいないときにあげてしまうと危ないです。

特に布製のおもちゃは、手もなく 破れてしまい、ワンワンだけの環境の中であげてしまうと、食べるつもりがなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあるのです。

犬は人につき、キャットは住居につくと伝えられていますが、これはにゃんにゃんがあなたの支配圏を何より大切にし、環境の遷移を嫌うことを示した言葉です。

ニャンコのこの性格は、野生時代から育てられた決りです。
にゃんこは色々の面差しや動作、ボディーランゲージを利用して、吾輩に呼びかけています。

にゃんことの伝達を楽しむために、にゃんこ語をきちんと分かってあげましょう。
にゃんこ同士にも相性があるのです。

野生のキャットの場合は版図が宏大なので、好みじゃない相手がいれば触れ合うことをかい潜れられますが、限られた空間で暮らす室内飼いねんねこの場合はそうもいかないのです。

ドッグ立ちには家宅を選んだり、食べたい物を選んだり、したいことを好きな時間を過ごすなどの自由が全くありません。

飼い主に出来ることは、ことばがしゃべれないドッグの身になって一生をやり遂げ指せてあげることが大切です。

野生ではげんきがない動物はまっ先に敵のターゲットとなるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な所に隠れて快癒を待ちます。この特殊性はにゃんにゃんももっており、体調が悪くなると縁の下や物置などに身を暗ますのでしょう。

固りで日々を送るドッグにとって飼い主はリーダですが、本来単独で日々を送るにゃんこにはそういった認識はありません。にゃんにゃんにとって飼主とは、ひと言でいえば、色々なことをしてくれる心安い同居人という感情でしょうか。

ゴールデンレトリバー 餌の量