ペットを最後まで愛するということ

にんげんと同じように、イヌにも栄養のバランスは大変大事なことで、ドッグフードのクォリティーは価格だけで決まるわけではなく、高いからクオリティーが良い、安いから危ない、というわけではありないでしょう。飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかをわかっておかなくてはいけないでしょう。猫にキャットフードをあげても食べずに、砂をかけるような素振りをしてばらまいてしまう。ごはんが好きじゃないの?と気づかってしまうでしょうが、これはねこの本能による行動で、この固有性は排泄物だけでなく、瓜二つのニオイに対しても現れるのです。ワンコは人につき、キャットは住家につくといわれますが、これはニャンコが自分の勢力圏を何より大切にし、環境の変替を好まないことを表した言葉です。にゃんにゃんのこの性合は、野生時代から培われた決りです。コンディションが悪いわけでも、環境に変化があったわけでもないのに大好物を前触れもなく食べなくなるケースも往々あります。キャットは食べ物に拘りが強いものですが、自然界では毎々同じ獲物に出くわすとは限らないので、時折ちがう食べ物を欲しがることもあります。犬のお持ちゃの多くは、飼主さんがいないときに与えてしまうと危ういものです。中でも布で出来ているお持ちゃは、わけ無く破けてしまい、わんわんだけの環境の中で与えてしまうと、食べる気がなくても不意に飲み込んでしまうことがあります。ワンワンたちには家処を選んだり、好きな食べ物を選んだり、してみたいことを好きな時を過ごすなどの自由がぜんぜんありないでしょう。飼主に出来ることといえば、言葉に出せない犬の身になって一生を全うさせてあげることが大切です。慌ただしいときに限ってというのは飼い主所感で、ニャンコにはそんなつもりはまるでありないでしょう。せわしく跳び回る飼い主の足に狩る本能が乱されて、つい引っ付きまわったり、釣られたりしてしまっただけのことです。キャットは根本的に自分のフィーリングで触られるのを好き好むので、いやと言うほどなでられるのを嫌がります。また、触られるのを欲するにゃんこでも、いやと言うほどされるとコミュニケイション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントを抑えておいてください。夕ぐれや夜遅くなると部屋中を凄いスピードで跳ねまわったり家具の上に飛び上がったりするニャンコはすくなくありないでしょう。ストレスや運動不足から起きる異常行動ではと心配する方もいる思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な行動です。猫同士にも相性があります。野生のキャットの場合は縄張りが弘大なので、好みじゃない相手がいれば触れ合うことを回避できますけど、限られた空間で暮らす室内飼いにゃんこの場合はそう上手くいきないでしょう。ネコは幅広い顔や素振り、ボディーランゲージを駆使して、私達に語懸けています。猫との連携を楽しむために、ねんねこ語きちんと理解しましょう。わんちゃんが病気と判断されたときは、その状態の改善方法や進行を引き延ばしていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食を食べさせることが必要となります。これは義理ではありないでしょうが、ワンワンに長く生きて欲しいと考えるならば、特別療法食を与えることが現在のところ確実な選択です。野生のワンコは、一群で生活し、協調して獲物を引っ捕え、一群内の社会的順位に従って獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、一度に数多くのご飯をとる、いわゆる食い溜めをしていました。野生ではやつれた動物は先立って敵のえじきとなるため、疾病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な地に隠れて治るのを待ちます。この特異性は猫ももっており、調子が悪くなると縁の下や物置などに身を被い隠すのでしょう。一群で生きるわんちゃんにとって飼い主はリーダーですが、本来単独で毎日を過ごすネコにはそうした認識はありないでしょう。にゃんにゃんにとって飼主とは、ひと言でいえば、種々のことをしてくれる気軽な?同居人という思いでしょうか。

アメリカンショートヘア 餌