ペットの愛情表現わかっていますか?

ニャンニャンは多様な顔色や動き、ボディーランゲージを使って、僕たちに語り掛けています。猫との連携を楽しむために、にゃんにゃん語きちんとよみ取りましょう。にんげんと同じで、わんこにも栄養のバランスは本当に深刻なことで、ドッグフードの質においては値段だけで決まるわけではなく、高いからクオリティーが良い、安価だから危ない、というわけではありません。飼主であるあなたはそのフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかを知っておかなくてはいけません。にゃんにゃん同士にも相性があります。野生のキャットの場合は島がおっきいので、気に入らない相手がいれば触れることを掻い潜れられますが、限られた空間で過ごす室内飼いにゃんこの場合はそうはいきません。コンディションが悪いわけでも、環境に変化があったわけでもないのに大好物を前兆もなしに食べなくなるケースも時々来ます。にゃんにゃんは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界ではいつも同じ獲物に食べれるとは限らないので、時として違う食べ物を求めることもあります。わんわんが病気と分かった時点で、その状況の改善や進行を遅らせていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。これは任ではありませんが、ワンワンに健やかに長生きしてほしいと考えているならば、特別療法食を与えることが現状態では最も良い選択です。ワンワンたちには家屋を選んだり、好みの食べものを選んだり、やりたいことをあいている時にするなどの自由がまったくありません。飼主に出来ることといえば、言葉を発することができない犬の身になって人生を果たさせてあげることが大切です。野生のワンワンは、固りで生活し、協力して獲物を引っ捕え、固り内の社会的順位に服して獲物を振り分けて食べていました。獲物を毎日捕まえられるとは限らないので、一編に多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。ねこにごはんをあたえても食べずに、砂をかけるような素ぶりをして引っ散らかす。ゴハンが好みじゃないの?と気になってしまいますが、これはねこの本能による行動で、この特異性は排泄物だけでなく、類似しているニオイに対しても現れるのです。日没や真夜中になると部屋中を猛烈なスピードで駆けずり回ったり家具の上に跳び乗ったりするにゃんこはすくなくありません。ストレスや運動不足が原因の異常行動ではと不安に思う方もいると思いますが、これは多くのねこに見られるごく自然な行動です。ワンワンは人につき、ネコは住まいにつくと?伝達されていますが、これは猫が自分の支配圏を他の何ものより大切にし、環境のうつり変わりを好まないことを示した言葉です。ニャンニャンのこの性合は、野生時代から磨かれた原理です。忙わしいときに限ってというのは飼い主主観で、ねこにはそんなつもりはまったくありません。忙しく動き回る飼い主の足に猟する本能が興奮して、ついついて回ったり、アプローチしたりしてしまっただけのことです。猫はがんらい自分の思いで触れられるのを好き好むので、うんざりするほどなでられるのを嫌がります。また、触れられるのが好き好むニャンニャンでも、うんざりするほどされるとコミュニケイションを好まなくなってしまうので、なで方のポイントをチェックしておきましょう。固りで生きるワンコにとってペットオーナーはリーダですが、本来単独で生きるネコにはそんな認知はありません。ニャンニャンにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、いろいろなことをしてくれる気楽な同居人という感情でしょうか。ワンワンのおもちゃの殆どは、飼主さんがいないときに与えてしまうと危険性をともないます。とりわけ布製のおもちゃは、軽軽破れてしまい、ワンワンだけの環境のなかで与えてしまうと、食べるつもりがなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。野生では元気がない動物は先立って敵のえじきとなるため、物病みやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な個所に隠れて癒えるのを待ちます。この特性はキャットももっており、様体が悪くなると縁の下や物置などに身を隠すのでしょう。

チワワの餌選びにお困りの方はこちら